車検時のはみ出しタイヤ

post on 5月 28th, 2013

私は車を所有するようになってからかれこれ10年近くなります。日本では車検制度がありますが、少し厳しいのではと私は思います。今日まで何度か車検を受けたことがありますが、特に治すところも無く、税金と雑費がとられます。税金に関しては毎年支払っているのに検査の時にまた重量税などを取られるのは経済的にもだいぶ苦しくなります。現在、2年に1度車検を受けなければなりません。それを4年に一度にするなどにしたら経済的にも楽になります。


はみ出しタイヤは検査は通りません。フェンダー部分から少しでもはみ出しているだけで検査が通らないのは少し厳しいような気がします。フロントテーブルも検査に通りません。フロントテーブルがあるととても便利だと思います。いろいろな商品が出ている中で安全になるものもあります。しかし検査に通らないものも数多くあります。検査項目をもう少し緩くしてもらいたいと思います。しかし、車検はなくてはならないものです。まず、車の知識がない方も多数車を所持しています。車の知識がない方はタイヤの残り溝の見方、ヘッドライトの球切れが分からなかったり機関系の不調が分からなかったり、バッテリーが弱っているのが分からなかったりします。そのような状態で走行していると自分も相手もとても危険です。二年に一回の車検の検査でそのような項目のチェック、整備、修復がされれば、車の知識がない方も安心して車に乗ることができます。


検査を通す際にはタイヤの残り溝は重要不可欠のものになっています。タイヤの残り溝が少ない場合は溝が残っているホイール付きの冬タイヤに交換して検査を通す方法もあります。その場合のタイヤ交換工賃は無料のことが多く二年の1回のチャンスですが、自分のタイヤ交換ができない方はこの時点で交換するとお得です。お金がなく検査を通さずに車を乗っている方も中にはいます。もし、その状態で事故を起こした場合保険が降りなかったりしますのでそのようなことは絶対にしてはならないと思います。お金がかかるからといって車検を通さずに車に乗って事故をおこしたら検査費用の何倍、何十倍もののお金がかかります。こういった人をなくすためにも検査費用をもっと安くしたほうがいいと考えます。私の中でメリット、デメリットをいろいろと考えてみましたが、やはり車検に変わる良い車の検査方法が思いつきません。これからも切磋琢磨し検査に合格できるような車のカスタムを考えていきたいと思います。事故のない運転を心がけたいと思います。